葬儀と、おとき

葬儀は突然やってきます、しかも亡くなってから葬儀までの時間が短い
経験の無い方にとっては、どうして良いかわからないのがお葬式です

病院や施設で亡くなられた場合と、自宅で亡くなられた場合では煩雑さが異なります
自宅の場合、風呂で入浴中に亡くなった、医師の立ち合いが無い状態で亡くなっていたと言う場合
警察が事件性を疑って介入してくることが多々あります、相続問題などが絡むからです
その点、病院や介護施設、あるいは自宅でも医師が見取った場合は、そう言った問題はありません

病院で亡くなった場合は、ご遺体の引き取りが最初の仕事になります
糸魚川の場合は葬儀セレモニー業者(JAセレモニー、糸魚川式典、平安セレモニー)などに頼むことになります
いったん自宅に搬送する場合と、家庭の事情で直接セレモニーホールに搬送する場合がありますが
大概は、ご自宅へとなります



まずは兄弟、濃い親戚に連絡して、葬儀チームを作ります。
それと同時に寺にも夜中であっても連絡します、たいがい駆けつけて枕経を読んでくださいます、そこで葬儀の
日程も決めます、決まったら葬儀業者に日程を伝えます。業者は細かなタイムスケジュールを作ります
喪主は出来るだけ動かず弔問客への応対、葬儀式の名簿つくり
などに専念します。
市役所への死亡届や葬儀の埋葬許可などの仕事は、兄弟や甥などにまかせるのが良いです。
その後は薄い親戚や友人知人などに伝えます
新聞社や町から、故人の葬儀情報を掲載するかどうか聞いてきますので、どうするか決めます

亡くなられてから2〜3日で通夜式が執り行われます
日取りは、お寺と相談して決めることになります、通夜は夕方から読経がはじまり、そのあとお食事(通夜振る舞い)
となります、本来は来客全員が対象ですが、糸魚川の場合は親戚が主で、特に大切な人だけに夜食の案内をします
一般弔問客はほとんど読経後に帰ります。
翌日の葬儀式のあとの「おとき」は通夜の時に、「おとき」についてもらう方にだけ「おときカード」を、お渡しします

葬儀の会場としては「セレモニーホール」「自宅」「寺」が一般的です、近年はセレモニーホールが圧倒的に多いですが
出費が桁違いに多いことがネックです
かといって、奥様方に負担がかかる自宅での葬儀は現代では、チームワークの良い一族以外では、ほぼ不可能
故にセレモニーホールか寺院での葬儀式となります

葬儀のあとは火葬場へご遺体の搬送、そして火葬となります

次は「おとき」です
「おとき」とは、家族親族、特別なゲストへの食事のことです
「おとき」の会場はセレモニーホール、市内の料理店(魚がしなど)、火葬場の待合室(和洋二部屋があります)
火葬場での飲食の場合は主に、仕出し弁当やオードブルなどを「魚がし」等から配達する事になります
魚がしでは料理の他、飲物の手配も出来ます。
小人数10数名以下の場合は火葬場待合室(近代的でとても新しく清潔です)利用は、料金的にとても安くできます
仕出し弁当2000〜3000円程度です、奉仕料もかからず、部屋の使用料も安く上がります(火葬場に問い合わせてください)
都会では20年以上前から、火葬場のおとき会場でおときを行うことが一般的です。

魚がしでの「おとき」をご希望される場合はJAセレモニーや糸魚川式典の場合、葬儀の打合せの時に「魚がしで、おときを
する」と伝えてください。
料理、飲物、諸経費込みで一人、1万円以内のご予算です。
この場合、飲食以外(引出物や菓子など)はセレモニーホールにご注文ください。